commet

soul_c.jpg

SOUL 

広告の依頼は、文字も色も全て自由。
その時、私が書きたかった文字は、古来からの「魂」ではなく、SOUL。
「魂」・・・にはそれ相応の覚悟がいる。生きているからこそ、自分の身体の中を
行き場を失った熱く強いカタマリが痛いほどぶつかってくる。
越えたい。
越えられる。


"SOUL"

For this piece, all the decisions were left up to me, including the choice of letters, color and style. I chose to write the English word SOUL, not the classic Japanese equivalent 魂.
Expressing the soul demands the calligrapher to make the kind of commitment it takes. The act of living lets the magma of enthusiasm trapped in one's body scorch us from within.
I wished to overcome. I can overcome.